大きく2つ違うポイントがあります。

1.売却手数料が無料です。M&A業者は資料の作成や交渉の立会いなどを代行し、一般的に成約報酬として売却価格の約5%が手数料としてかかります。対してM&Aクラウドは原則、マッチングのみのサポートになります。もちろん資料の作成や交渉の立会いなどをオプションでつけることも可能ですのでお気軽にご相談ください。(オプションについてはこちら)

2.買い手企業様とカジュアルに直接面談できます。M&Aクラウドは、コミュニケーションを仲介する従来のM&A仲介業者と異なり、早期の当事者同士の面談が可能です。そのため、M&A後のシナジー等の話を早い段階でディスカッションすることが可能です。また、直近で具体的に売却を検討していないという場合においても、買い手企業とカジュアルに連絡を取ることができるのも、M&A仲介業者を介さないメリットです。

回答が見つかりましたか?